真のリーダーを育てる人材育成術

« 2007年4月 | トップ | 2007年6月 »


2007年5月27日 20:45
テーマ: リーダー

自分が源

皆様、こんにちは。
仙台のプロフェッショナルコーチ、(有)ユア・ベスト・コーチの宮崎良徳です。
いつもありがとうございます。

先日夜カフェセミナーというイベントを開催しました。(スタッフの皆様本当にお疲れ様でしたm(__)m)

仙台から異業種複合型ビジネスを立ち上げようと毎週朝にビジネスミーティングを行っている朝カフェですが、その全体ミーティングとも言うべきイベントが夜カフェセミナーでした。
朝カフェを知らない方はこちら→ http://www.asacafe.jp/

基本的に口コミだけだったのですが多くの方に集まって頂き大変感激しましたし、毎週のことで自分の中の習慣のひとつになりつつある朝カフェの存在意義を改めて考える機会となりました。

よく考えることなのですが、去年までは朝カフェってものはこの世に存在していなかった訳で、それが今年の一月に場所探しから始めて、参加者が少しずつ増え会場が増え、そして雑誌や新聞、ラジオに取り上げられるようになり、ついに夜カフェセミナーでは多くの方に集まって頂く程になりましたね。

最初は何も無かったんですよね・・・

そして、この動きそのものがマネージャーの方が部下育成において常に意識して頂きたいことそのものなのです。
何も無いとこから部下がビジネスを作り出していくことをサポートできるって素晴らしいですよね。

マネージャーが指示したことをやりこなせる部下を育てることも大切ですが、ビジネスをゼロから作りだせる部下を育てることはもっと大切じゃないでしょうか?


 

続きを読む "自分が源" »


 

2007年5月18日 13:33
テーマ: 一般

自己開示

皆様、こんにちは。
仙台のプロフェッショナルコーチ、(有)ユア・ベスト・コーチの宮崎良徳です。
いつもありがとうございます。

あなたは自分のことを周りの人にどこまで素直に表現できていますか?
できれば周りの人から「良く」見られたいと思うのが普通ですから、自分が「良くない」と思ってることはあまり人に話しません。

例えば私の場合は人の話を聞くことを仕事にしているため、職業病と言ってもいいかもしれませんが、人の話を聞けないタイプの人と会うとあまりいい気分はしません。

そういう人に会ってしまうと段々気分が滅入ってくるというか不愉快になってきます。
それがわかっているので、そう思わないように頭を切り替えることはできますし、そういう人のことを避けたり嫌ったりということはない

のです。

ですが、こういう自分では「良くない」と思う気持ちを誰にでも表現できるということはとても大事なことです。

普通人は自分の中にある、「人には見せたくない部分」を隠そうとしますから、それが相手から見ると「何かを隠している」、「本音で話してくれてない」という不安感や猜疑心につながっていきます。

「何を考えているかわからない人」という言い方をする場合が正にそのようなケースですね。

聖人君子で100%素晴らしいなんてこの世にいませんから、どんな人にでもネガティブな面はあります。
他人とのコミュニケーションをうまく取れない人には、自分にネガティブなことがあることが原因だと感じている人が多いようですが、実はそのネガティブなものを隠していることが原因なんです。


 

続きを読む "自己開示" »


 

2007年5月14日 09:38
テーマ: 人材育成

話を取る

皆様、こんにちは。
仙台のプロフェッショナルコーチ、(有)ユア・ベスト・コーチの宮崎良徳です。
いつもありがとうございます。

あなたの周りに次のような方はいませんか?

あなた(Aさん)が何かの話をし始めると、その話を相手の方(Bさん)が自分の話として話し始めてしまう。

例えば「この前山形に行って来たんですよ」とあなた(Aさん)が話し出したら相手の方(Bさん)が「そうそう私もこの前山形に行って来てさ・・・」と言って山形の話を始めてしまう。

「そういえば娘がこんなことしたんですよ・・・」と話し出すと相手の人が「そうそう、うちの娘もね、前こんなことがあったんだよ・・・」と自分の話を始めてしまう。

こういった行動を「話を取る」と言います。
まだ話し主の話が終わっていないのに、そのテーマを横取りして自分の話として話してしまう。

こういう話を取る癖のある方は常に話を取り続けます。相手の話を聞くことはなく、自分の話としてほとんど話します。

そしてBさんからすると、Aさんもその話を聞きたいと思って話してくれてる場合がほとんどで悪気は一切ありません。

こんなBさんが近くにいたらあなたはどんな行動をとりますか?
Bさんに自分が体験した話をするでしょうか?


 

続きを読む "話を取る" »


 

2007年5月 4日 16:11
テーマ:

凡事徹底

皆様、こんにちは。
仙台のプロフェッショナルコーチ、(有)ユア・ベスト・コーチの宮崎良徳です。
いつもありがとうございます。

最近私が意識して使っている言葉に「凡事徹底」というのがあります。
イエローハットの相談役だった鍵山秀三郎さんという方が同名の本の中で伝えている考え方で、本の副題には「平凡を非凡に努める」とあります。

当たり前のことを普通の人と同じように当たり前にやるのではなく、当たり前のことを人には真似できないほど一生懸命やるという意味です。

ビジネスマンとして結果を作り出していくということを考えた時、難しいことをできる人が凄いという誤解がありますが、ビジネス分野で起こることのほとんどは実は難しいことではなく簡単なことの積み重ねであると言えます。

例えば営業マンの日常を見てみると、毎日お客さんのところに電話をし、お客さんのところに訪問し、お客さんに「こんにちは、お元気ですか」と挨拶をしてコミュケーションをとり、自分の扱っている商品を提案するという当たり前の作業の繰り返しです。


 

続きを読む "凡事徹底" »