真のリーダーを育てる人材育成術

« 2007年7月 | トップ | 2007年9月 »


2007年8月25日 14:44
テーマ:

元気の無い社員

皆様、こんにちは。
仙台のプロフェッショナルコーチ、(有)ユア・ベスト・コーチの宮崎良徳です。
いつもご覧頂き、ありがとうございます。

経営者の方から「やる気の無い社員をいかにやる気にさせるか」というご相談をよく頂きます。

「やる気が無いとはどういうことですか?」と伺うと、「挨拶の声が小さい」とか「社内会議で意見を言わない」というようなことが多いです。

重ねて「お客様先ではどうなのですか?」と伺うと、「お客様先に同行してみると元気があるし、客受けも悪くない」とのこと。

確かに元気の無い社員より元気のある社員の方が経営者として嬉しいのはわかります。
にこやかに「おはようございます!」と挨拶してくれる社員で溢れていたら社内は活気に溢れていますよね。

そこで私はいつもこう聞きます。
「やる気が見える社員は、相対的に仕事ができる社員だと思いますか?」

私が見る限り、元気がいいことと仕事ができることは必ずしも比例しないようです。

極端な言い方をすれば、すごくやる気はあるけども仕事が全然できない社員と、やる気は表に見えてきづらいのですがすごく仕事ができる社員とどちらがいいかということです。

もちろん、やる気があって仕事もできるという社員が理想なのはわかりますが、その両方を持ち合わせた社員というのは非常に少ないのではないでしょうか?

そして、やる気のある社員が好きな経営者や上司は、やる気の現れづらい社員に元気であることを求め、小言を言い続け、せっかく仕事のできる社員を退社に追い込んでいってしまうのです。


 

続きを読む "元気の無い社員" »


 

2007年8月18日 13:40
テーマ: 人材育成

時間泥棒

皆様、こんにちは。
仙台のプロフェッショナルコーチ、(有)ユア・ベスト・コーチの宮崎良徳です。
いつもご覧頂き、ありがとうございます。

私は人材教育トレーナーという仕事をしているということもあり、時間の約束にはかなりうるさい方です。
大切な待ち合わせの場合などでは1時間くらい前に近くまで行っていて、喫茶店などで仕事をしながら時間を調整しています。

今はノートパソコンも軽量で持ち運びしやすいですから、早く行っていても時間を無駄にすることはありませんし、遅刻などで精神的負担を感じることも無くなりますから効果は大きいです。

逆にお客様に来社して頂く予定で待っている場合に、連絡無く遅れられた場合は待ってる時間が全て無駄な時間となります。
社内で待っていれば他の仕事をしていられそうですが、お越しになると思って心の準備をしていますので、他の作業に集中して取り組むというのは難しいです。

外での待ち合わせの場合は尚更集中力を持続するのは難しいですので、どんどん時間が無駄になっていきます。
もちろん先方にも遅れる理由があるのは分かりますが、時間は全ての人に平等に与えられた「資産」ですので、使い方によってその価値は大きく変動します。


 

続きを読む "時間泥棒" »


 

2007年8月 4日 13:10
テーマ: 人材育成

営業社員の務めとは?


皆様、こんにちは。
仙台のプロフェッショナルコーチ、(有)ユア・ベスト・コーチの宮崎良徳です。
いつもご覧頂き、ありがとうございます。

弊社には毎日最低1名以上の飛び込み営業の方が訪問されるか、営業電話が掛かってきます。
私が相手をすることはほとんど無いのですが、弊社のサービスとして営業力養成のための講座を行っていることもあり、私は優秀な営業パーソンに会うのが大好きです。

だから社員には、飛び込みで来た営業社員の人の相手をなるべくするように伝えてあり、力のありそうな人はマネージャーにつなぐように指示しています。

こちらは優秀な営業マンに会いたいと思っているのですが、なかなかマネージャーに会うに至る方は現れません。
力のある営業社員の方ってなかなかいないんですよね。

その最たるものだったのが先日訪れた大手事務機器販売商社C社の新人営業社員の方でした。

その方はたまたま社員の手が空いている時にオフィスに飛び込んできたので、ドア越しの立ち話ではなく、「中に入ってマネージャーと話していったらどうですか?」と促したそうです。

ところが、お客様の方から中に入って話していいと言われたのにその新人君は「いえ、今日は名刺を集めてくるのが目的なので結構です。」と笑顔で帰っていったそうです。


 

続きを読む "営業社員の務めとは?" »